ポスレジの将来性と今後の課題

CALENDAR

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CATEGORY

ポスレジの可能性について考えてみた

売り上げ情報から何が一番売れているかなどが分かるポスレジは、人件費の削減や手間暇を掛けずに企業に有益な情報を与えてくれる夢のようなレジ機能ではないでしょうか。ポスレジを導入する店舗も増えているので、将来性を考えたポスレジの可能性について考えてみました。
まず、ネットに繋がったレジということで手作業で集計するよりも早く販売個数などを簡単に纏めることができます。人力でレジを打つ場合にはミスが多かったり、従業員の負担も増えてしまいますよね。そんな時にポスレジを使えばミスを軽減しながら、従業員の作業負担を減らすことができるでしょう。
しかし、便利そうに見えるポスレジですがネットワーク環境ならではのデメリットも存在するはずです。例えばネット環境を強化するために大型のアップデートの実施をすればそれだけ費用が掛かりますし、専門的な知識が必要となるので直ぐには実行が難しいのです。
また、ポスレジの操作は簡単のように見えてトラブルも存在し、従業員が対処しなければならない場合もあります。そのための教育に時間が掛かる点も今後の改善点となるでしょう。上手く利用すれば有益な情報を得ることが出来るポスレジは今後も増え続けるのか、または衰退するのか見ものですね。

ポスレジの選び方について

ポスレジを導入する際は、目的を明確にするのがポイントとなります。
なぜなら、店の業種や規模によりよく使う機能とあまり使わない機能に分かれるからです。
よって、ポスレジは多機能になるほどイニシャルコストとランニングコストが掛かるので、目的を明確にして見合った製品を選ぶのが重要となります。
さらに、ポスレジの機種によって導入するのに掛かる時間が変わるので、スケジュールに支障が出ないかを確認するのが大切です。

そして、ポスレジを導入する目的を明確にし、実際にポスレジを導入する場合は誰でも使いやすい機種を選ぶのが重要となります。
ポスレジを店頭で操作する際は、スタッフがお客様と対面してポスレジを操作することになります。
つまり、誰でも接客とポスレジの操作が円滑になるように使いやすいインターフェイスを持つシステムがお勧めされます。
ちなみに、業種に特化したポスレジにおいて、タッチパネルを採用したポスレジがあります。
そのため、多くの機種を見て比較しつつ、クレジットカード決済やクラウド会計ソフトとの連携も操作しやすいポスレジを選ぶのがお勧めになります。

また、ポスレジを導入すれば店舗ごとのPOS情報を連携させることが可能となります。
多店舗展開する場合でも、経営者として数字を管理をしやすくなるので、ポスレジの選び方として導入する目的を明確にするのが優先となります。
そして、誰でも使いやすい機種にすることも大切です。

飲食店を経営されている方にとってより良い運営を目指すための環境作りをお手伝いさせていただきます。 関東には豊洲本社があり、関西にも支社を構えております。 飲食店・サロン経営など業種によさまざまな機能をご用意いております。 POS+一つで簡単に会社を管理。人手不足もこれで解決を目指せます。 POS+によって売上を自動集計。注文時間も一目で確認出来る為、来店頻度を把握することが可能です。 クラウド型ポスレジで売り上げアップを狙うなら!

MENU

2017年07月27日
ポスレジの未来を更新しました。
2017年07月27日
何故ポスレジが選ばれ続けるのか?を更新しました。
2017年07月27日
ポスレジ導入で何が変わる?を更新しました。
2017年07月27日
ポスレジ導入時の注意点を更新しました。

Copyright(C)2017 日本全国数多くのお店で採用されているポスレジという存在 All Rights Reserved.