ポスレジの未来

CALENDAR

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

CATEGORY

ポスレジのデメリットを考えてみました

皆さんは最近話題となっている「ポスレジ」をご存じでしょうか。ポスレジはPoints of salesの頭文字「POS」から来ています。特徴として、お客様が商品を購入した時点で情報を収集できるという点です。お客様がどんな商品を購入して、どの位の個数が売れたのかが独自のネットワークによって管理がされます。ネットワークによって一店舗ごとの情報を他店でも共有でき、売れ筋の商品が分かるなど大変便利なレジが「ポスレジ」です。

導入すれば大きなメリットが生まれる一方で、デメリットの存在も気になります。有益な情報を取捨選択するには、それだけのネットワークを構築することが必要なのです。そのためにポスレジを使用するには資金が掛かり、決して簡単には導入できません。また、管理にも人件費が掛かったり、ポスレジを操作する従業員を教育する費用や時間も掛かります。
もしネットワークに異常が発見された場合にポスレジが正常に動作するのかは分かりませんし、業務に影響を及ぼす可能性もあります。さらにネットワークで他店と繋がっているので、被害が拡大する恐れもゼロではありません。

非常に便利な機能を持つ新しいレジシステムですが、デメリットも多く存在し、今後どのように進化していくのかが気になりますね。

ポスレジでデータ収集

ポスレジとは、お客さんが購入する商品についているバーコードをレジで読み取るだけで、カンタンに売れた商品の個数や売り上げ金額を記録することができて、在庫管理や商品の入荷管理、売り上げ管理などをまとめて管理することができる、とても優れたシステムです。今ではほとんどのお店で導入されている一般的なレジになりましたよね。

ポスレジを活用するメリットは、特に母体が大きな企業であるほどその内容も大きくなってきます。たとえば、全国で24時間営業しているコンビニエンスストアをはじめスーパーマーケットのポスレジは、ひとつのお店ごとの売上データを、母体企業全体の商品管理データに反映させ、配送トラックなどを使って商品の入荷をおこなう際、どの商品をどこに何個持っていけば在庫切れに対応できるかなどを自動的に割り出してくれます。また、地域ごとや時間帯ごと、全国の店舗全体など、集めたデータをさまざまな角度から解析することができますので、次に店舗全体として売り出すべき商品は何なのかを決める際にも、とても参考になるデータが生まれます。

わたしたちが何気なく見ているポスレジでの「ピッ」とバーコードを通す操作は、実は企業の方針を決めるためにも大切な意味を持っているのです。

MENU

2017年07月27日
ポスレジの未来を更新しました。
2017年07月27日
何故ポスレジが選ばれ続けるのか?を更新しました。
2017年07月27日
ポスレジ導入で何が変わる?を更新しました。
2017年07月27日
ポスレジ導入時の注意点を更新しました。

Copyright(C)2017 日本全国数多くのお店で採用されているポスレジという存在 All Rights Reserved.